« 記憶のスタイル! | トップページ | 浦和学院 »

2018年8月12日 (日)

COHOL@6/24 DUES新宿

フィンランドのSawhill Sacrificeの来日イベントでしたが、急遽彼らが解散してしまったとのこと。イベントを中止しようかという選択肢もあったようですが、残った面子で決行しました。その代わり、チケ代500円
ちょうどその日新宿で用事があったので、500円ならこれ幸いと、ライブを観てきましたw
同じ考えの方が沢山いたらしく、当日券も売り切れてソールドアウト
・死んだ細胞の塊
デスグラインドの彼ら、Vo,Dr,Gtの3ピースで演奏。グラインドだけあって、速い速い!小さいライブハウスなので、Drの足元までよく観える。あんな複雑なリズムを良くあのスピードで叩けるもんです。凄い
・DISGUNDER
5年ぶり、2度目のライブ。
女性Voのグロウルは変わらず。あの叫び方で喉がつぶれないのば本当に凄い。自分が同じく叫んだら、1曲目で終了することでしょうw
・CRY
このバンドはブルデスなんですけど、Drが叩くリズムが心地よかった。この日観た中で、一番気に入ったな。
事前にどんなバンドか探してみたけど、バンド名が一般的な単語過ぎて探し当てられなかったw
・COHOL
3年ぶり3回目、ミイラ男風の装いのBaを観て思い出しましたw
ブラックメタルではあるけれど、かなりプログレッシブでとっつきにくい
MCで今回のイベントの経緯などを話していました。逆境にめげずに頑張っていただきたい

« 記憶のスタイル! | トップページ | 浦和学院 »

無料ブログはココログ